漫画  野良猫の憂鬱な世界の休息
D.N.ANGEL   杉崎ゆきる(すぎさき ゆきる)

狙った美術品は逃さない、怪盗の名はダーク、正体は謎につつまれたまま・・・・

続きこちらから↓

主人公丹羽 大助(にわ だいすけ)、初恋は実らない、彼は14歳の誕生日、そのジンクスにつかまってしまった。彼が恋した女の子は原田梨紗(はらだ りさ)、クラスメイトである。

彼女は双子の妹で姉は梨紅(りく)、梨紗は異様なまでのライバル心を姉の梨紅に抱いていた。振られたショックの残る中帰宅した大助であったが、彼の家は代々怪盗家業の名家であり、無数のトラップが仕掛けられていた。

床がぬけるとか、強力な電流が流れていたりとか、普段はおっちょこちょいの彼であったが、こういう時の身のこなしはまさに怪盗の名にふさわしい。

そして今日14歳の誕生日を迎えた彼は何も知らぬまま、胸の高鳴りとともにダークに変身してしまう。丹羽家はこういう家系らしく、14歳の誕生日を期に怪盗ダークの名を受け継ぎ、怪盗として美術品を盗み出すことになっていた。

この変身は恋愛感情に反応して起こる。つまりは好きな女の子のことを考えたり、意識したりして感情メーター的なものがある域に達すると変身するわけである。

ダークには、変身ができ、言葉がしゃべれるウィズという可愛い小動物のような使え魔がいる。そして今夜大助は怪盗ダークとして聖なる女神を盗みにいくのであった。





トップへ
inserted by FC2 system