漫画  野良猫の憂鬱な世界の休息
HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)  冨樫 義博(とがし よしひろ)

主人公ゴン・フリークス、彼の父親の仕事はハンター。ゴンはハンターになり父親のジンに会いに行く事を決めた。

続きはこちらから↓

珍獣、怪獣、財宝、秘宝、魔境、秘境、未知という言葉が放つ魔力に魅せられた者達がいる。人々は彼らをハンターと呼ぶ。それゆえそれらを求めるハンターには秀でた能力が必要とされる。

現在ここはくじら島、今から三年前ゴンは森の中で子連れキツネグマに襲われる。そこを助けてくれたのがハンターのカイトであった。カイトはマダラリスの警戒音を聞きつけ、助けに来てくれたのであった。

さすがというか、ハンターはこういった世界の住人らしい。人間を傷付けてしまった親キツネグマは処分されてしまう。当然のことながら親をなくした子キツネグマは飢えて死んでしまうということでカイトは処分しようするわけだが、ゴンは自分が育てるといい守る。

そんなゴンを見てカイトはゴンの父親がジンではないかと気づく。そこからゴンはジンのことを聞くわけである。

ジンさんが自分の師匠であること、自分の知っている限り最高のハンターであること、そしてジンさんに認めてもらうための最終試験が彼を探し当てることであることを。

などなど、いろいろと話したあとジンを見つけるためにカイトは去っていく。残されたゴンと子キツネグマ一匹、ゴンは助けたことですっかりなつかれてしまう。簡単になつきすぎじゃないのだろうか?

いやいやそれほどまでにゴンに動物を引き付ける魅力があったのだろう。そして三年後の現在コンと名づけられた子キツネグマは森の長となる。

しかしハンターは動物に怖がられるような仕事もしなければならない、だからゴンはコンとも別れなければならなかった。悲しい別れをへてゴンはハンターになり父親に会いにいくために島を出る。

はたして父親へあうことができるのだろうか?





トップへ

                             

inserted by FC2 system