漫画  野良猫の憂鬱な世界の休息
SLAM DUNK   井上 雄彦(いのうえ たけひこ)

主人公 桜木花道(さくらぎ はなみち)、中学では不良で50回女の子に振られ続け、ひとつも恋が実らないという記録を達成し卒業、彼は高校に入り、ライバルの流川 楓(るかわ かえで)とであう。流川を倒すべくバスケットを始め、そしてバスケットを通して成長していく。

続きはこちらから↓

花道は190cmの赤髪で不良、見るからに怖そうである、そんな花道は廊下で女の子に声をかけられる。彼女の名前は赤木春子、バスケットに向いていそうな人をバスケット部へ勧めて回っているようだ。

春子に一目惚れした花道はバスケットを始めることにした。しかし春子がバスケット選手の流川楓に思いを寄せていることを本人から聞く。ショックのあまりバスケットが嫌いになってしまう。性格は単純なのである。

そんな時、下校しようとしていた花道の顔面にバスケットボールが命中、怒りだす花道。一番嫌いなスポーツはバスケットであり、バスケットは玉入れ遊びだ。との花道の発言にバスケ部部長が怒り、1対1の試合をすることになる。

元々ルールを知らない花道であったので、花道はドリブルなし、ファールなしの条件下での試合をやってもらえることになる。そこで花道はダンクシュートをきめ、強引にではあれ勝利をおさめた。

応援してくれた春子からバスケ部部長が兄であることを聞かせれる。花道は兄と仲良くなり、そして春子と親しくなるため、バスケ部へ入部する。

同じくバスケ部へ入部した恋敵の流川楓、花道は春子と付き合うためバスケットで流川を倒すことを誓う。花道は始めはこんな感じであったが、徐々にバスケットというスポーツに惹かれていくのだった。





トップへ
inserted by FC2 system